藤本京太郎プロフィール

空手を始めたのは3歳。きっかけは、精神面を鍛える目的で近所にあった空手道場に入門。

プロ格闘家を目指した動機は「有名になりたいため」。高校時代、目立ちたがり屋で「テレビに出て有名になるには格闘家になろう」と思ったという。

2006年 K-1デビューし、2009年K-1世界ヘビー級チャンピオン獲得。

2011年 K-1の経営難が表面化し、全日本プロレスからプロレスデビューするが、最終的にプロボクシングへの転向を決意してK-1ヘビー級王座を返上し、角海老宝石ボクシングジムへ入門することになった。

2013年 ボクシング日本ヘビー級王座獲得。

2017年1月 アジア人初OPBF東洋太平洋ヘビー級王座獲得。WBC世界ヘビー級12位にランクイン。

2017年5月 アジア人初WBOアジア太平洋ヘビー級王者獲得。日本タイトルとOPBF、WBOとあわせて三冠達成。OPBF東洋太平洋王座は初防衛。

2017年11月 OPBF東洋太平洋王座は2度目の防衛、WBOアジアパシフィック王座は初防衛に成功。WBO世界7位。

2018年5月 OPBF3度目、WBO・AP2度目の防衛に成功。WBO世界6位。世界タイトルマッチまであと一歩。

 

選手データ

生年月日
1986/06/23
出身地
大阪府大阪市住之江区
戦績
20戦19勝(11KO)1敗0分
トレーナー
阿部 弘幸
ボクシングスタイル
右ボクサー
血液型
B型
主戦階級
ヘビー級
身長
183cm

戦績一覧(直近5戦)

日程 試合詳細
2018/05/07
[ラウンド] 12R
[試合内容] SLUGFEST.4
OPBF/WBO-APヘビー級12回戦
7R TKO勝
[対戦相手] アーロン ラッセル (豪州)
[試合会場] 後楽園ホール
2017/11/04
[ラウンド] 12R
[試合内容] ダイナミックグローブ
OPBF/WBOアジアパシフィック ヘビー級タイトルマッチ
5R TKO勝
[対戦相手] ランドール レイモント (豪州)
[試合会場] 後楽園ホール
2017/05/08
[ラウンド] 12R
[試合内容] 角海老ボクシング
OPBF東洋太平洋ヘビー級タイトルとWBOアジア太平洋ヘビー級タイトルのWタイトルマッチ
9R TKO勝
[対戦相手] ヘルマン パーセル (豪州)
[試合会場] 後楽園ホール
2017/01/14
[ラウンド] 12R
[試合内容] OPBF東洋太平洋ヘビー級王座決定戦
12R 判定勝
[対戦相手] ウィリー ナッシオ (豪州)
[試合会場] 後楽園ホール
2016/08/02
[ラウンド] 8R
[試合内容] 熊本地震チャリティ 京太郎祭り
2R TKO勝 ヘビー級8R
[対戦相手] アダム ラブロック (オーストラリア)
[試合会場] 新宿FACE